介護業界の中には転職者の受け入れに積極的な事業所が各地に多くあります。新しい職場でなるべくギャップを感じることなく働きたい場合は、労働条件にこだわって転職活動を始めることが重要です。
すでに介護施設やデイサービスなどで介護業務の経験がある人や介護福祉士などの資格を持つ人は好条件で働ける可能性が高いため、在職中から興味がある事業所の求人をこまめにチェックしておきましょう。
一方、結婚や育児によるブランクがある人は、介護業務に復帰するための研修制度がきちんと整っている事業所を見極めることが大切です。ほかにも、シフトや休みの日数を確認したり、休暇制度について調べたりということも大切なので、長く働きたいのならやっておきましょう。

中途採用の介護スタッフが活躍している事業所においては、採用試験を受ける前に職場見学ができたり、採用後の仕事の取り組み方について相談に乗ったりしているところが少なくありません。そのため、転職活動中に少しでも気になる事業所があれば積極的に担当者に問い合わせしてみることをおすすめします。

なお、介護業界への転職が初めての人や、介護の経験や能力に自信の無い人については、内定を獲得するまでに長い期間が必要となるケースも少なからずあります。そこで、効率良く転職活動を進めたいという場合には、各地の様々な事業所の求人が掲載されているサイトを活用したり、介護分野に詳しい専門のコンサルタントが揃っている転職エージェントに相談するという方法があります。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2020 働き方Revolution. All Rights Reserved