介護業界では、高齢社会による介護サービスの需要拡大や、優秀な介護職員の確保に向けた対策の一環として、実に様々な形で働き方改革が行われています。
特に、多くのスタッフが勤務する特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホームなどでは、常勤のほかに派遣社員や非常勤、パートタイムなど、様々な雇用形態を選べるようにしたり、残業時間の大幅な削減を目指したりしているところが多くあります。
また、少子化の影響により若手の人材確保が難しい地域では、首都圏からの転職希望者を積極的に受け入れているところや、給料や休日の日数の見直しをしているところも少なくありません。
施設だけでなく国も対策に乗り気なので、改革によってこれからもっと働きやすい業界になる可能性が高いです。

働き方改革が進んでいる事業所に就職したい場合は、求職中に各地域で評判の良い介護事業所の見学をしたり、出産や育児を経験してキャリアを積んだ人の話を聞いたりすることが重要になります。
加えて、介護職員育成のノウハウがある社会福祉法人においては、新卒者や第二新卒者だけでなく、ブランクがある人や定年退職者も高待遇で採用しているところがあります。そのため、より良い待遇で働ける介護事業所を見つけるために、求人サイトをチェックするだけでなく、介護業界の就職説明会や相談会に出向いて、色々な事業所の担当者の話を聞いてみることが効果的です。なお、非正規の介護職員として働きつつ、将来的に社員として働きたい人は正社員登用のための基準が分かりやすい事業所を選ぶことがポイントです。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2020 働き方Revolution. All Rights Reserved